住宅の耐久度を維持できる|外壁塗装の重要性を徹底解説

家と作業員

家を守る外壁の手入れ

一軒家

家の外壁は、大体十年程度で塗り替えを行うのが理想的とされています。それというのも、外壁塗装は日々少しずつ劣化していくため、定期的なメンテナンスが必要だからです。それも、外壁塗装に目に見える傷みが出始めてからでは、劣化は外壁の下にまで及んでいる可能性があります。そうなってしまってからでは、かかる費用も手間も単なる外壁塗装程度では済みません。それを防ぎ、家自体の寿命を延ばすための目安が、十年と言うことなのです。そして、外壁塗装をする際には、塗装だけでなくコーキング材の打ち替えも必要になります。コーキング材とは、外壁のパネルなどの隙間を埋めるもので、水やシロアリなどの侵入を防ぐ重要な存在です。これも外壁塗装と同じく、十年程度で劣化してきますので、同時期に打ち替えるのが一番いいのです。ですが、このコーキングの扱いは、塗装業者によって差が出ます。そもそもコーキング補修は、専門業者が存在するほど難しい作業です。ですから、外壁塗装を依頼する際は、コーキングに関してもきちんとした補修をしてくれる業者を選ぶべきなのです。まずは外壁とともに状態確認をしてもらい、それぞれの見積もりを出してもらいましょう。信頼できる業者であれば、その時に状態の説明と「打ち増し」か「打ち替え」かの取るべき対応の違い、そしてかかる費用まで説明してくれるはずです。またその際、目安として、目地補修の専門資格を持っている職人がいるかどうか確認しておくと、より安心です。