【はじめての分野に挑戦するなら】タクシー運転手の求人をチェック

やる気次第で稼げる仕事

ドライバーにより差が出る

空車

ある調査によると、タクシードライバーの全国平均年収は300万円以下と、全業種の中でも低めの結果がでています。
それではタクシードライバーは稼げない商売かというと、実はそうではなく、ドライバーによって年収の高低には大きな差があります。
そレはなぜでしょうか。
タクシーには法人タクシーと個人タクシーのふたつの種類があります。
法人の場合は、タクシードライバーは会社の一従業員となり、割り当てられたシフトに従って勤務することになります。
会社によって多少異なりますが、給与は基本給プラス歩合給が一般的です。
多くの会社で、歩合給が給与にしめる割合はかなり高く、歩合給は売り上げのだいたい5割前後が支給されます。
タクシードライバーの年収が人によってかなりの差があるのはこのためです。
お客様を捕まえるのがうまいドライバーほど高年収が可能で、人によっては1000万円も無理な年収ではないと言われています。
個人タクシーの場合、タクシードライバーは個人事業主となります。
ある調査によると、個人タクシーのドライバーの年収はおおよそ350万程度です。
タクシーの需要は地域により異なり、東京都に限ると平均年収は約480万円との結果が出ています。
ただし、法人タクシーのドライバーとは異なり、ガソリン代、車検、修理代などはすべて支払う必要があります。
個人タクシーのドライバーを希望する場合、第2種免許の取得と、法人タクシーなど事業用自動車の運転経験が10年以上などの条件あります。
まずはタクシー会社に就職し、将来的に独立を目指すという形になります。

自由なシフトで働ける

タクシー乗り場

タクシードライバーで働こうと思っている方の中には、その年収について気になっている方も多いことでしょう。
タクシードライバーの年収というのはその会社によって基本給は違いますが、出来高によってプラスされる収入もあるので、お客さんを多く運べば運ぶほど給料も上がっていきます。
タクシードライバーの中では年収700万円以上稼いでいるドライバーも少なくはなく、お客さんがよく乗ってくる場所や道を押さえておくことでより効率的に稼ぐことが可能です。
タクシードライバーの年収は実力次第でいくらでも稼げるので、運転を仕事にしてみたい方や、接客が得意という場合には挑戦してみるのも良いでしょう。
タクシードライバーは二種免許の取得をさせてくれる会社が多く、普通免許を持っていて一定期間の勤務実績さえあれば採用してもらうことは可能です。
コツを押さえて頑張れば頑張るほど稼げるということは事実ですので、お好きなタクシー会社に入社して勤務を開始してみましょう。
タクシードライバーの年収は前職でタクシーを運転してきた経験がある場合には付加価値をつけた給与水準で採用されるケースもあります。
転職市場においてはドライバー経験というのはプラスの方向に働いていきますので、タクシードライバーになろうと思っている方で、過去にドライバー経験がある場合にはそれをアピールすることで年収が若干上がる場合があります。
まずは適したタクシードライバー求人を探すようにしましょう。

求人の正しい選び方

乗り物

パートタイム勤務から隔日勤務まで、希望する年収と働き方に合わせて自由自在に仕事を選べるのが、タクシー会社の求人の魅力です。
運輸関連に特化した求人サイトもあるので、異業種からの転職希望者も、簡単にタクシードライバーの仕事を見つけられるでしょう。
都市部であれば最大で年収500万円以上の条件で働けるので、収入を増やす目的で転職を希望する、40歳前後の人たちにも大人気です。
しかし運転技術を生かして、タクシードライバーとして働きたいと考える女性が選ぶのは、日勤限定で勤務可能な地元の会社の求人です。
日勤限定で働く場合の年収は300万円前後ですが、仕事の合間に保育園に子供を迎えに行けるので、子育て中の女性にも最適です。
一方で本格的にタクシードライバーとして活躍したい場合には、大手無線グループ系の会社で、隔日勤務の仕事に応募するべきです。
朝8時から深夜2時ごろまで乗務するのが、隔日勤務の特徴ですが、その間に十分な休憩時間があるので安心して働けるでしょう。
更に半年間の月収保証制度が完備している会社に入社すると、初年度から400万円前後の年収を実現することも容易です。
未経験者がタクシードライバーの求人に応募する場合のポイントは、事前に就職相談会などで情報を集めることです。
就職相談会では、個別に採用担当者から丁寧なアドバイスが受けられるので、転職の準備も円滑に行えるでしょう。
遠方から給与水準の高い地域のタクシー会社に就職する時には、マンション借り上げ制度を活用するのがポイントです。

公共交通機関のドライバー

バスと人形

バス運転手の求人情報を選ぶときは、健康状態にも気を配り、収入と労働時間のバランスに注意することが大切です。専門の転職コンサルタントが運営するウェブサイトには、厳選された求人情報が豊富に掲載されています。

もっと読む

やる気次第で稼げる仕事

空車

タクシードライバーの年収は、平均300万円以下と低く思われがちです。しかし実際には、法人タクシーであっても歩合給の割合が高く、当然ながら、お客さまをたくさん乗せているドライバーはたくさん稼ぐことが可能です。年収が1000万円を超えるドライバーもいると言われています。

もっと読む

効率的に仕事を探すために

面接

将来的に需要が増える分野に注目して、タクシー会社やバス会社の求人を探すのが、大阪で運転手として活躍するための基本です。中途採用を行っているタクシー会社は、中高年の転職にも最適であり、地域に密着した働き方が実現できる路線バスの仕事も魅力的です。

もっと読む