住宅の耐久度を維持できる|外壁塗装の重要性を徹底解説

家と作業員

専門業者への依頼が得策

一軒家

塗装劣化と影響

外壁に触れたときに手が白く汚れたり塗料がはがれたりしていませんか。これは塗料の密着性が減少するとあらわれるサインです。塗料は厚い塗膜を張って建物全体を防水する役割をしています。しかし、紫外線や雨によって塗料は劣化するようになり防水効果も失われるようになります。外壁にひび割れができている時は更に劣化が進行している状態です。視線が届かないので気づきにくいですが、屋根の塗料も外壁と同じように劣化しています。放置すると梅雨や秋の長雨の時期は雨漏りやカビを発生させてしまいます。宇都宮は日照時間が長く雨量が多い地域なので外壁塗装も劣化しがちです。雨漏りやカビで建物を傷めるまえに宇都宮の業者に塗装を依頼することが大切です。外壁塗装は費用がかかるから自分で塗料を上から重ね塗りすれば大丈夫と考える方もいます。しかし、外壁の汚れを落として下地調整しないと塗料を塗っても直ぐにはがれ落ちてしまいます。ひび割れの一部だけ補修しても建物全体の防水効果が減少している状況は同じです。自分で屋根に上がって塗装の状態を確認するのは危険ですから業者に任せたほうが安全です。宇都宮の業者は塗料をしっかり密着させるために外壁を洗浄して下地調整をしています。高圧洗浄機やブラシで丁寧に古い塗料や汚れ、カビなどをきれいに落とし、コーキング剤で下地調整を行っています。この作業は専門知識や技術がある外壁塗装業者でないとできない仕事です。塗料も安ければ良いというわけではありません。外壁材に合った塗料選びや塗装方法を考えることが外壁塗装に重要です。このように外壁塗装は専門知識や技術が必要ですから宇都宮の業者に依頼しましょう。