住宅の耐久度を維持できる|外壁塗装の重要性を徹底解説

家と作業員

熱による膨張を防止

作業員

セラミック系の塗料

昨今の大阪では、地球温暖化とヒートアイランド現象の影響で、気温が以前よりも高くなっています。そして住宅に使われている外壁材には、熱に弱いという性質があります。これは外壁材が、熱で膨張するセメントなどの窯業系素材で作られているからです。膨張すると、外壁材にはひびが入りますし、放置しておくと徐々に欠けていき、やがては穴が開きます。そのため大阪では多くの人が、外壁材の劣化を防ぐための外壁塗装を業者に依頼しています。外壁塗装では様々な塗料が使われますが、大阪ではその中でも特に、セラミック系の塗料に需要があります。セラミックは、アイロンにも使われているほど熱に強く、なおかつ強度の高い素材です。そのためこれで外壁材の表面をしっかりとコーティングすれば、熱による膨張はもちろん、欠けることも防止できるようになるのです。また、セラミックによって外壁材が熱から守られれば、屋内にも熱が入りにくくなります。つまり、気温が高くなった大阪でも、屋内で涼しく過ごせるようになるということです。快適になる上に、クーラーなどの使用量を減らすことにもつながるので、その点からも大阪では外壁塗装が注目されています。ただし外壁塗装では、一般的にはシリコン系塗料が使われています。セラミック系塗料は比較的新しい塗料なので、これを使用する業者は限られています。そのため大阪で熱対策としての外壁塗装を行う場合、まずはセラミック系塗料を取り扱っている業者をWEBサイトなどで探すことから始める必要があります。もちろん腕の良さも大事な要素なので、口コミなどの評価を比較して、厳選することが肝心です。