住宅の耐久度を維持できる|外壁塗装の重要性を徹底解説

作業服の人

専門業者への依頼が得策

一軒家

宇都宮の外壁塗装業者は外壁材に合った塗料を選び塗装方法を考えて工事を行っています。外壁の洗浄や下地調整ば塗料を密着させるために重要な作業です。外壁塗装にはこのような知識や技術が必要ですから、宇都宮の塗装専門業者に依頼することが大切です。

施工の必要性を考える

ローラー

コンクリート壁の場合

東京には様々な工法で建てられた一般住宅があります。例えば、地方だとまだまだ木造家屋が一般的です。一方東京になると鉄筋コンクリートや、コンクリート打ちっぱなしなど、木造家屋以外の一般住宅が建てられています。特に東京には、コンクリート打ちっぱなしの家も多いようです。都会で洗練された東京に、コンクリート打ちっぱなしの家は良く似合うからでしょう。コンクリート打ちっぱなしの住宅は、そうで無い住宅と比較した場合、メンテナンスをさらに細かくする必要があります。何故なら、コンクリート打ちっぱなしで建てられた家の壁は、劣化が進みやすいからです。ひび割れやカビが生える、コンクリートの表面が剥げるなどの、トラブルが起こりやすくなります。これらのトラブルは雨風に吹かれたり、紫外線を浴び続けた事で起こる劣化現象です。このようなトラブルが起こってしまうと、ひび割れから雨水が入り込み、ますます家の劣化は進んでしまいます。また、日々割れはカビ、コンクリートの剥がれなどは家の美観も損ねます。コンクリート打ちっぱなしの家は、外壁塗装の施工によって美しさや機能性をキープする事が重要です。外壁塗装は壁全体に、特殊な塗料を塗る施工の事を言います。いわば、コンクリートの壁にクリームを塗って、保護するような感覚です。外壁塗装を行う事によって、雨風などによる外壁の劣化を遅らせる事が出来ます。光触媒塗料とフッ素塗料を組み合わせた外壁塗装であれば、コンクリートの質感はそのまま残し、外壁を保護する作用はカビを生えにくくする作用が得られます。コンクリート打ちっぱなしの家に住んでいる方は、この施工法を検討してみてはいかがでしょう。

家を守る外壁の手入れ

一軒家

外壁塗装は、家を建ててから約10年程度で行うのが良いとされています。その理由は、外壁は劣化がその下にまで及ぶ前にメンテナンスする必要があり、その目安が10年だからです。そしてその際は、外壁の隙間を埋めているコーキング材の補修も忘れずに行ってもらいましょう。

熱による膨張を防止

作業員

年々気温が上昇している大阪では、外壁材を熱から守るための外壁塗装が盛んに行われています。特に、熱に強いセラミック系の塗料がよく使われています。これにより、外壁材は膨張しにくくなりますし、室温の上昇も防がれやすくなるのです。ただし、セラミック系塗料を扱っている上に腕の良い業者に依頼することが大事です。